先輩の後を追え!#1 高城良岳

Oct 17 2017

インタビュー

自己紹介をお願いします

高城良岳です。年齢は25歳です。今はインターネット広告の会社で新規事業の責任者をやっています。  

 

大学について

僕は福岡の高校に通っていた時に塾にも通っていましたし、親にも大学進学を勧められていたのでなんの疑いもなく大学に進学することを決めました。

ただ実際に大学に入ってみて、僕自身はいろいろなことを学びたいと思って大学に行ったにも関わらず、周りの同級生は「卒業できればなんでもいいや」というスタンスで自分とのギャップに違和感を感じていました。 そのため、僕は本当に学びたいことを学ぶためには、大学に行くよりも自分でいろいろやった方が早いんじゃないかと思って大学に行かなくなって自分で興味のあることに取り組み始めました。 

 

大学を辞めた理由

僕は大学に行かなくなってから、経験を積むことを重視して自分で学生団体をやったり、知り合いの会社を手伝ったり、バイトをしたりとにかくいろいろなことに挑戦しました。

大学には引き続き在籍していましたが、ほとんど行かずに3年が経ち、もう戻る必要はないなと決心して大学を辞めました。

 

辞めてから何をやっていたか

中退してからはやりたいことに挑戦しつつ、残りの時間は全てバイトに充てていました。 ただ、徐々に堕落していってしまう側面もあって…。

なので、だらだらこの生活を続ける方が楽だなとは思いつつも、新しいことに飛び込んで自分を変えたいという思いが強く、東京で就職活動をしようと決めました。   そのときに意識していたのは「今いる環境を変えて、東京の環境を使い倒す」こと。 このまま福岡にいるよりも、東京の方が自分の夢を叶えやすいと感じたので、その環境を利用しない手はないだろうと思いました。

なので、最初は闇雲に環境を変えるということにフォーカスして、 就職活動を進めました。

 

今は何をしているか

今はインターネットサービスの新規事業の責任者をやっています。

企画から制作まで、サービスに関わること全般をチームを動かして進めています。  

将来のビジョン

僕はお金がなかったり、メンターとしてサポートしてくれる人がいなかったりで、やりたいことができず諦めなければならない場面にたくさん直面してきました。

そのため、将来は自分と同じような志を持った若い人たちを応援し、支援できる人になりたいなと思っています。  

 

第0新卒の人へメッセージ

今は学歴を聞かれる機会が少なくなり高卒も大卒も関係ない時代になってきています。 その分実力主義でやる気と結果だけを求められるので、本当に自分の努力次第だと思います。頑張ってください!      

 

 

RECOMMEND

VAZCAREER APP

才能ある非大卒の若者と
企業を繋ぐ就活アプリ

バズキャリアは主にアプリを通して、 非大卒の若者に就職支援を行っています。
進路のお悩み相談室をはじめ、様々な就職関連イベントや 就職お役立ちコンテンツをお届けします。

CONTACT

サービスについて気になる点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください

ご質問等も、こちらにお願いいたします。
送付いただいた内容を確認の上、担当者からご連絡させていただきます。

お名前(必須)

年齢(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

居住都道府県(必須)

メッセージ