職種紹介#1 プログラマー

Oct 17 2017

職種紹介

プログラマーとはどんな仕事ですか?

みなさんがよく利用されているWebサービス、例えばTwitterとかInstagramといったものを作る仕事です。パソコンを使ってプログラムと呼ばれるコンピューターに対して命令を出すような文章を作って、それによってWebサービスの様々な機能を実現していきます。  

プログラマーに就こうと思ったきっかけはなんですか?

就職活動を始めようかなと思った頃に当時SNSが流行っていて、当然ながら自分も使っていました。 その時にふと「これってどうやって作るのだろう」と思いました。それで自分で色々と調べてみたんですけどなかなか答えが見つからなくて、そんな時にあるところでIT系の会社の社長に出会いました。 そこで「これはプログラムというもので作っている」ということを教えてもらって、もしよかったらうちで働かないかと誘われたのがきっかけでした。 

仕事をしていてやりがいを感じる時はいつですか?

やはり自分が作った機能がユーザーがそれを使って良かったとか、この機能いいねということを言ってくれたことです。あとは僕自身がプログラムがすごく好きで色々調べていった時に   「この言語ってこんな思想で動いているんだ」とか 「これはこういう理由でこのような形に書かれているんだ」   みたいなものを発見できた時に凄いなと思いこの仕事をやっててよかったと思います。    

大変だったことはありましたか?またそれをどう乗り越えましたか?

失敗したとかエラーが起きてうまく動かないということが大変かなと思われることが多いんですけど、僕はそういうことに遭遇すると嬉しく思います。 というのもこのエラーとかバグを解消したら更に成長できるとかそういった機会として捉えられるのでそこは意外と大変だとは思わなかったりします。 あとは個人的なものになるんですけど、プログラミングが好きなので1日働いて帰宅した後もコードを書いていると気づいたら朝になっていて次に日出勤した時に非常に眠いということが多々あって大変ですね(笑)  

その職について初めて覚えたことはなんですか?

まず最初にRubyというメールを送信するためのプログラミング言語を覚えました。 その後は必要な時に必要なものを先輩のエンジニアから教えてもらいました。 

プログラマーに向いてる人や、必要とされる能力はありますか?

能力としては色々なPCスキルが必要なんじゃないかと思われることがあるんですけど、実は一切必要ないです。 普通の読み書き、計算ができて勉強する意欲さえあればその時点でスタートラインには立てます。 性格的には知的好奇心が強くて「なんでこうなっているんだろう」と調べられるというのが重要です。 なぜかと言うと、エラーや何か問題が起こった時になんとなくで解決してしまうとまたそのエラーが再発した時にそれを防ぐ手立てがなかったりすることがあるからです。なので根本的になぜそうなったのだろうということを考えて、そのエラーの修復に当たれるか否かというのが非常に重要だったりします。なので知的好奇心が強いことが非常に重要になってきます。   あとはずっと1人でパソコンで作業してるわけではないので自分がどんなタスクを持っていてどのように進めているのか共有するために人とちゃんとコミュニケーション取れる能力さえあれば大丈夫かなと思います。  

一日の仕事の流れ

RECOMMEND

VAZCAREER APP

才能ある非大卒の若者と
企業を繋ぐ就活アプリ

バズキャリアは主にアプリを通して、 非大卒の若者に就職支援を行っています。
進路のお悩み相談室をはじめ、様々な就職関連イベントや 就職お役立ちコンテンツをお届けします。

CONTACT

サービスについて気になる点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください

ご質問等も、こちらにお願いいたします。
送付いただいた内容を確認の上、担当者からご連絡させていただきます。

お名前(必須)

年齢(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

居住都道府県(必須)

メッセージ