職種紹介#3 広報 株式会社オプト 田中絢子

Oct 17 2017

職種紹介

広報とはどんな仕事ですか?

社外広報と社内広報の2種類を担当しております。 社外広報ではプレスリリースの作成や、新聞・雑誌・TV・web媒体を中心にメディアとのリレーション構築を行っております。

また弊社の場合ですと外部での講演機会を多数いただいておりますのでその内容を企画するといった仕事も担当しております。 社内広報としましては社員からのエンゲージメント向上を目的に経営メッセージの発信や他部署理解、活躍社員に関するコンテンツなどを発信しています。  

 

広報に就こうと思ったきっかけはなんですか?

自分が働く会社の魅力の向上に携われることに関心があったのと、大学でメディアを専攻していたため、 広報という職種であれば大学で学んだこともいかせるのではないかなと思ったので志望しました。  

 

仕事をしていてやりがいを感じる時はいつですか?

私は会社が好きなタイプなんですけれども、自分が好きだなと思う会社や、社員達について外部の方に知っていただく機会を 作っているということにすごくやりがいを感じています。  

また、どうしたらメディアの方に関心を持っていただけるのか、市場や社会の動きを捉えながら企画やリリース内容を考えていくことにも面白さを感じています。会社としてもやりたいと言ったことを応援してくれる会社なので、 実際に自分が声を上げて実現した企画が成功すると嬉しいなと思いますし、達成感を感じることが多いです。  

 

大変だったことはありますか?またそれをどう乗り越えましたか?

私はデジタルマーケティングに関する事業に携わっているのですが、デジタルマーケティングの世界は非常に変化が早く、 常に情報をアップデートしていかないと事業の理解が追いつかなくなってしまいます。

特に私の場合キャリアの中で、事業現場を経験したことがなかったので事業理解に関するコンプレックスが凄くありました。   自分自身で沢山ニュースを読んだり、最新情報をキャッチアップするように努力すると共に、分からないことを分からないままにせず確認していくという事を大切にしています。 また、まだまだ足りない部分ではあるんですけども、「なぜ?」という事を深堀って感じた疑問を常に解消するよう心掛けています。  

 

その職について初めて覚えたことはなんですか?

どんな部門でどういった仕事をしているのか、社内でどんな人が活躍しているのかを知る事をまず一番初めに行いました。

また、社員から色んな情報を貰えるように社内で行われている会議や、勉強会にも積極的に足を運び広報としての私を覚えて貰えるように色々な人と話すよう心がけています。

 

広報に向いてる人、必要とされる能力はありますか?

どんな仕事もだとは思うんですけども、1人では完結できない仕事になるので、社内外の人を巻き込んでいくためのコミュニケーション能力が凄く大切だなと思っています。

また、トレンドや社会の動きに敏感で、プライベートでの時間でもどこかに出かけたり、ニュースを見たりするのが好きな人が向いてるなという風に感じています。 一方で、社外発信という重要な任務になりますので一定以上の重要さも必要かなと感じています。  

 

一日の仕事の流れ

RECOMMEND

VAZCAREER APP

才能ある非大卒の若者と
企業を繋ぐ就活アプリ

バズキャリアは主にアプリを通して、 非大卒の若者に就職支援を行っています。
進路のお悩み相談室をはじめ、様々な就職関連イベントや 就職お役立ちコンテンツをお届けします。

CONTACT

サービスについて気になる点がありましたら、
お気軽にお問い合わせください

ご質問等も、こちらにお願いいたします。
送付いただいた内容を確認の上、担当者からご連絡させていただきます。

お名前(必須)

年齢(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

居住都道府県(必須)

メッセージ